You are here: Home » 調査結果 » 店頭リサーチ » 「カスミ」を利用している主婦の買い物行動を追跡|事実新聞 (vol.58:今日の買い物主婦面)
Original Update by Kenny Louie

「カスミ」を利用している主婦の買い物行動を追跡|事実新聞 (vol.58:今日の買い物主婦面)

事実新聞とは
生活者の購買現場をじっくりと観察、店頭で起きていることを「事実」データとしてクイックにお届けし、メーカーをはじめとする企業のマーケティング活動をサポートする情報誌です。当ブログでは誌面のコーナーごとに抜粋して紹介します。新聞紙面は以下より閲覧・ダウンロードができます。

ドゥ・ハウスのフィールドマーケターである主婦の「DO さん」の加藤さん(仮名・38歳)がある日のご自身の買い物行動について、『行動』と『つぶやき』にわけてデータを作成した。

店名・店舗名 カスミ 八潮駅前店
家族構成 夫(38) 長女(6)
日付 2014年7月21日(月)
店に入った時間 15時20分
店から出た時間 16時10分
同伴者 長女(6)
買い物手段(歩き、車、自転車等)
天気・気温 晴れ・29℃

今日の買い物主婦

ホワイトボードに書いてある買い物が必要なモノをスマホのカメラで撮影して今日の買い物するものをチェックしてきた。冷蔵庫におかずになるものがないから買い物に行こう。夕食の献立は買い物をしながら考えよう。月曜日で冷凍食品が半額の日なので冷凍食品も買っておこう。

事実新聞58号_買物行動

1.入り口に入ってすぐにスイカまるごと1玉が山積みにされているのを横目で見てそのまま先にすすむ。

スイカ大好きだけど夫も娘もスイカは好きではなく家で食べるのは私だけ。1玉は食べきれないし冷蔵庫に入らないな。

青果はその日限りの価格をチェック。安さに惹かれてカゴに入れ、その日の一品を決める

2.「大根1本95円7月21日限り」のPOPが目に飛び込んでくる。大きくておいしそうな大根を1本選んでカゴに入れる。

ここの棚は本日の目玉商品の棚。今日は大根が1本95円と安い!7月21日限りという限定商品というのもついつい手が伸びてしまう。

3.ミニトマトをカゴに入れたらすぐ傍にトマト1個98円が目に入る。娘に「大きいトマト食べる?」と聞いたら「食べない」と言われる。トマトを手に取って悩むが1個だけカゴに入れる。

普段はお弁当にも使えるミニトマトをサラダに入れている。大きいトマトは娘が苦手で食べないけどたまには大きいトマトも食べたいな。1個98円と安いしトマトメインのサラダでもたまには作ってみようかな。

4.反対側の棚を見るとナス1袋198円で売っている。今切らして冷蔵庫にないから買っておこう。

ナスは娘は食べないけど私と夫は大好き。天ぷらにしたり、揚げナスにしたりと一品欲しいなという時に便利だから1袋198円だし買っておこう。

5.メインの通路にある本日の目玉商品の棚に枝豆198円とある。他の人もカゴに入れているのを見て私もとカゴに入れる。

先日も枝豆食べたばかりだけど娘も好きでパクパク食べるし1袋198円なら安いし調理も簡単で食卓に一品できるから買っておこう。

6.特売の「まいたけ1パック55円」のPOPが目に入る。まいたけも久しぶりに食べたいな。とりあえずメインを決めてから買うか考えようとカゴには入れずに先にすすむ。

まいたけかぁ。私は好きだけど夫はまいたけの味が嫌い。安いからちょっと食べたい気もするけどメニューも思いつかないなぁ。メインを決めてからまた買いにくるか、またの機会にしよう。

7.今日の夕食用の魚は何にしよう?塩タラ3切れ406円のが324円になっている!どうせ今日中に食べちゃうからコレにしよう。

ブリだと照り焼きで味が濃いな。もっとさっぱりした感じで食べたいな。お刺身も一昨日、お昼に家族で回転寿司を食べに行ったし。タラが安くなっているわね。普段魚は一切れ全部食べられない娘だけど塩タラは1切れ食べられるから3切れ買おう。

冷凍食品や卵も特売の対象に。価格をチェックしておく

8.右側の冷凍食品の棚で「本日冷凍食品半額」のPOPが見える。今日は冷凍食品を買わなきゃね。溶けちゃうから後回しにしよう。

毎週月曜日は冷凍食品が半額の日。冷凍食品は月曜日にまとめ買いすることにしているのよね。夏休みに入ったのでお弁当は不要だけど欲しい冷凍食品はあるから後で買いに来よう。

9.「特売の卵L 10個 148円」のPOPが目にとまる。安いなと思いつつ通り過ぎる。

卵は普段200円前後で買っているし、148円の特売だったら買いだけど、家にはまるまる1パック新しいのがあったはず。残りが5個以下だったら絶対買うんだけどな

常備品の肉類も手ごろな価格で購入する

10.ソーセージの棚で『シャウエッセン』370円も気になるけど、『燻製屋あらびきポーク』275円のお手頃さに負けて後者をカゴに入れる。

ソーセージは朝食用のサンドイッチに入れたり、ちょっとおかずが足りない時に便利。冷蔵庫には常備しているのよね。メーカーにはこだわりないし、お買い得なものを選んで買っていこう。

11.肉屋の前を通り、牛肉200. 380円が目に入りカゴに入れる。

明日のおかずは何の肉にしようか?鶏肉は冷凍してあるのがまだあるから豚か牛かな?普通の肉を買って、娘がお気に入りの『ジャン』で味つけしようかな。

乳飲料やおやつなど、子どもの喜ぶものも価格チェック

12.明治『がんばれ元気』と『ピルクル』の価格を比較。『ピルクル』の方が140円と安いので、10本入りをカゴに入れる。

朝、娘に乳酸菌飲料をあげている。だいたい忍たま乱太郎のイラストの明治の『がんばれ元気』か『ピルクル』のどちらか安い方をあげる。今日は『ピルクル』を買おう。

13.和菓子売り場に行くと、普段見かけないどら焼きが置いてある。ふぞろいなせいか7個入りで185円と安い。娘に「どら焼き食べる?」と聞くと「食べる!」と即答。

あんこが好きな娘。どら焼きやたい焼き、アンパンが大好きなのよね。聞いてみたら「食べる」と即答だったし今日のおやつはどら焼きにしよう。

14.パンの棚をぐるっとまわって悩み、『豆乳ロール』と『バターロール』の2択に絞り、『バターロール』の6個入りをカゴに入れた。

『豆乳ロール』は生ハムとの相性がよくておいしいのよね、でも今生ハムは切らしていたな。さっきソーセージをカゴに入れたから明日の朝食はソーセージとロールパンでサンドイッチにしよう。

15.『バターロール』の隣の『レーズンロール』が目に留まる。娘に「ぶどうのパン食べる?」と聞くと「ぶどうパン好き!」との返事。『レーズンロール』6個入りをカゴに入れる。

明日が幼稚園の終業式で明日から娘のお昼も用意しないと。ぶとうパンは好きだし昼食にするとラクだから『レーズンロール』にしよう。

16.お菓子売り場の方へ進むと本日の特売『アルフォート』が128円といつもよりちょっと安い。隣の『レーズンバターサンド』と比べて『アルフォート』をカゴに入れた。

疲れた時にはチョコレートを食べる私。冷蔵庫には板チョコを常備して疲れた時につまんでいるがちょっと贅沢したい時は『アルフォート』でおやつにする。これは夫も娘も大好き。

17.だいたい欲しいものは買ったので最後に冷凍食品の棚へ。お気に入りのフライドポテトを2袋カゴに入れる。

皮付きのポテトやギザギザの波型ポテトも買ったことがあったけど、娘はこのシューストリングが一番おいしいと言っている。ちょっと1品欲しい時に揚げるだけだし、娘も揚げたてのポテトが大好きなので冷凍庫に2袋は用意しておきたいわ。

18.冷凍食品半額の日なので棚を物色。『あおり炒めの焼き豚炒飯』を一度カゴに入れたが、棚に戻し、『直火炒めビビンバチャーハン』をカゴに入れた。

娘はチャーハン系を食べないから家で作らない。夏休みに入るから私の昼用には不要だが夫が小腹がすいた時用にチャーハンを置いておくと便利。『あおり炒めの焼き豚チャーハン』おいしいのよね。でも夏だから辛い方がいいかな?『直火炒めビビンバチャーハン』にしよう。

19.反対側の棚に目を移す。色々ある冷凍餃子から味の素の冷凍餃子を選んでカゴに入れる。

他の餃子も試してみたけど食べ応えと調理のしやすさで味の素の餃子がちょっと一品欲しいときに便利。ストックがなかったから買っておこう。

カスミの買い物より

今日の加藤さんは、家族の食事を考えて、特売になっているものを中心にお買い物。カスミの特徴を表しているように、あちらこちらで特売品を見つけていた。特売品は、様々なカテゴリーの商品に広まっており、特売のPOPが目を惹き、それらを家族の好みに合わせ、見つけて購入している様子が見てとれた。

今回は子どもを連れての買い物だったが、子どもが喜ぶものも低価格で購入していた。また、子どもが終業式を迎えて夏休みに入ることから、特に子どもの夏休み中の昼食のことも考えている。子どもの好きなものや家族の食卓の一品になるものを上手に見つけて買い物を終えている。

普段、毎日の家計を預かり、買い物をする主婦にとって嬉しい価格設定が主婦に足を運ばせる理由になっているのではないだろうか。 

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に「株式会社ドゥ・ハウス」のクレジットと、記事の「公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)」を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

事実新聞は、生活者の購買現場をじっくりと観察、店頭で起きていることを「事実」データとしてクイックにお届けし、メーカーをはじめとする企業のマーケティング活動をサポートする情報誌です。

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。