You are here: Home » ブログ » 「聞く」を中心にプロモーションを組み立てて、コミュニケーションを活性化する~クチコミマーケティングサービスの紹介です
Original Update by Brian Hillegas

「聞く」を中心にプロモーションを組み立てて、コミュニケーションを活性化する~クチコミマーケティングサービスの紹介です

個人が発信手段やメディアを持つこととなり、クチコミは変化を続けています。35年前、まだインターネットが普及する前から企業のクチコミプロモーションの支援をしてきた、ドゥ・ハウスとしてのクチコミの考え方を以下に紹介します。

クチコミの定義と要件

クチコミはコミュニケーションによる情報伝達と定義します。それは、告知でも認知でもなく「理解」の拡がりです。ただし、今、リアル世界ばかりではなくて、デジタル(ネット) 世界でも、広義のクチコミとしてのブログやソーシャルメディアが急増しています。

新たなメディアであるCGM(ConsumerGenerated Media) が誕生し、クチコミ・ドライバーとなるメディアが生活者に開放された今、ふたたび、本格的なクチコミ時代が到来しました。

クチコミのダイナミズムは「受信原理」です

「クチコミを活用して消費者を操作する」の発想ではクチコミプロモーションは展開できません。「(情報を)もっと知りたい生活者」に耐えうるだけの魅力、情報源を持っていなければならないのです。そうした生活者のエネルギーを聞き続けるだけの「時間」「資本」「体力」「心」をもっていることが前提になります。

クチコミのダイナミズムは受信原理

企業の情報が生活者のクチコミにのって伝播するためには、生活者に言葉を発してもらわなくてはなりません。生活者の発信を促すための「聞く技術」をもってドゥ・ハウスは生活者が気持ちよく企業とのコミュニケーションに参加できるクチコミマーケティングを設計します。

リアルな場所での一対一のクチコミは「聞く力」を習得したDOさんが基点です

ドゥ・ハウスのクチコミマーケティングを35年間実践しているのは、フィールドマーケター「DOさん」です。デジタル&ネットワークをフルに活用できる新時代のマーケティング事業家です。

正式に「DOさん」として活動する前に必ず、6ヶ月間の研修を行います。DOさんになるためには、合計4回の基礎研修(定性データの書き方等)と台所フォーラム(=ご自宅に友人を招いてのテーマ準じたディスカッション)の開催を必須としています。

DOさんが備えるスキル

DOさんは誰もが「聞き上手」
“聞き上手には人が集まる” の言葉通り、DOさんは誰もが聞き上手。決して一方的にしゃべる人ではありません。「聞く力」がコミュニケーション力の源泉であり、聞き上手であることは話し上手につながります。だからこそ、「聞く力」は情報発信にも力を発揮するのです。

DOさんの魅力は「ほめる力」
「ほめる」という行為は、簡単にできそうで実はかなり難しいものです。DOさんは単に口先だけで商品を評価する事はしませんし、させません。じっくりと使って、時間をかけて接し、いろんな角度から商品を見つめます。DOさんは体感した事実に基づき、“100通りに商品をほめる”そんなトレーニングをしています。

DOさんのネットワークは「100世帯/50店舗」
DOさんの武器は、そのネットワークの広さです。『人のネットワーク』であればその方の生活背景を、『お店』であれば場所・特性はもちろん、評価点・不評価点までを誰よりもよく知っています。生活背景をよく知っている友人だからこそ、ホンネを引き出すヒアリングが可能ですし、よく行く(知っている)店舗だからこそ、生活者としての視点でデータ開発することができます。

DOさんのプロファイル

d_DOさんのプロファイル

広義のクチコミ(デジタル)も生活者の声が起点となり伝播していきます

デジタル(ネット)を活用したクチコミも、ドゥ・ハウスは生活者の声を中心に組み立てます。

低価格でのサンプリングと良質なクチコミを収集するSPメディア「モラタメ」でたくさんの生活者の声を集める。ネット上に流れるテーマ商品の良いクチコミを探して、迎えにいき「Facebook」上でより多くの人たちにみてもらい、クチコミしてもらうきっかけを作る。など、生活者の声が起点となり生活者の声が伝播されていく仕組みをご提案します。

クチコミとコンテンツに関わるセミナーを開催します

2015年3月13日(金)に、クチコミとコンテンツマーケティングの原理と事例紹介のためのセミナーを開催しますメンバーズ社フィードフォース社との共催により、生活者の声(データ)の扱い方、オウンドメディアとソーシャルメディアにおけるクチコミの活用方法をお伝えします。

コメントを残す

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に「株式会社ドゥ・ハウス」のクレジットと、記事の「公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)」を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

株式会社ドゥ・ハウス 営業技術グループ グループマネジャ

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。