BMR
このコンテンツはドゥ・ハウスが2007年に「10年商品をつくるBMR」を出版した際、連動企画として作成されたものです。一部、本文中の商品情報やご協力いただいた方々の情報については現在と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
お問い合わせは こちら まで。
【コンテンツ】 1.BMRとは   2.本の紹介(第1章 BMR各要素/第2章 要素間の関係/第3章 消費者の声を聞く/第4章 開発秘話)   3.付録 製品開発の切り口   4.本の成り立ち

第4章 開発秘話

■目次

第4章 10年商品を目指して。新製品開発秘話

1 「昆布ぽん酢」開発秘話

  • 1.1 10年商品目前、「昆布ぽん酢」の開発マーケター、藤村さんに聞くBMR活用の新製品開発
  • 1.2 「昆布ぽん酢」のBMR

2 「1才からのかっぱえびせん」開発秘話

  • 2.1 10年商品を目指した「1才からのかっぱえびせん」開発マーケター宮倉さんに聞く
  • 2.2 「1才からのかっぱえびせん」のBMR
開発マーケター宮倉さんに聞く。 「1才からのかっぱえびせん」開発秘話全編。
本に全部は載せられない、開発秘話の全編がここで読めます。
■プロフィール

宮倉裕幸(みやくら ひろゆき)

1967年6月17日生まれ 39歳。
東京都出身。神奈川大学経済学部卒業。
92年4月カルビー株式会社入社。
営業経験の後、96年よりマーケティンググループ
にて消費者調査、01年より現職場へ。
03年4月よりマネージャー。
1才からのかっぱえびせん

■目次
  1. 市場環境を受けて製品領域を決める
  2. 消費者ウォンツを探る
  3. 製品コンセプトを具現化する
  4. 技術、流通、競合戦略
  5. BMRの再イメージ
  6. マーケターとは
■監修者プロフィール: 山中正彦 株式会社KSP-SP 代表取締役社長。法政大学キャリアデザイン学部教授。慶應義塾大学工学部管理工学科修士課程終了。上智大学外国語学部比較文化学科修士課程終了。国際ビジネス専攻(1983年)。マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン/スクール留学(1983-1984年)。味の素株式会社中央研究所管理部システム室入社(1972年)。味の素株式会社食品開発部専任部長(1993-1999年)。株式会社味の素コミュニケーションズ(1999年)。2003年3月、株式会社KSP-SP代表取締役社長就任。2005年4月、法政大学キャリアデザイン学部教授就任。http://www.ksp-sp.com/


TOP